脳卒中ガイドライン2009
脳卒中治療ガイドライン2009
本治療ガイドラインを読んで頂く方のために
表1:
表2:
  脳卒中のevidence levelに関する本委員会の分類
脳卒中のrecommendation gradeに関する本委員会の分類
図1:
図2:
  EBMの追求に必要な諸要素
5つのEBMの相互関係
脳卒中合同ガイドライン委員会の組織図
脳卒中合同ガイドライン委員会―委員・実務担当者・Reviewer一覧
協力者
附記
I. 脳卒中一般
 
概 説
1. 脳卒中一般の管理
 
1-1.
脳卒中超急性期の呼吸・循環・代謝管理
 
(1)呼吸
 
(2)血圧
 
(3)栄養
 
(4)抗脳浮腫療法
 
1-2.
合併症対策
 
(1)合併症一般(特に感染症)
 
(2)消化管出血
 
(3)発熱
 
1-3.
対症療法
 
(1)痙攣
 
(2)嚥下障害
 
(3)頭痛
2. Stroke Care Unit(SCU)または
Stroke Unit(SU)
3. 脳卒中一般の発症予防
 
3-1.
脳卒中一般の危険因子の管理
 
(1)高血圧症
 
(2)糖尿病
 
(3)脂質異常症
 
(4)心房細動
 
(5)喫煙
 
(6)飲酒
 
3-2.
脳卒中ハイリスク群の管理
 
(1)睡眠時無呼吸症候群(SAS)
 
(2)メタボリックシンドローム
 
(3)慢性腎臓病(CKD)
II. 脳梗塞・TIA
 
概 説
1. 脳梗塞急性期
  1-1. 血栓溶解療法(静脈内投与)
  1-2. 血栓溶解療法(動脈内投与)
  1-3. 急性期抗凝固療法
  1-4. 急性期抗血小板療法
  1-5. 脳保護薬
  1-6. 脳浮腫管理
  1-7. 血液希釈療法
  1-8. フィブリノゲン低下療法
  1-9. ステロイド療法
  1-10. 低体温療法
  1-11. 高圧酸素療法
  1-12. 深部静脈血栓症および肺塞栓症への対策
  1-13. 開頭外減圧療法
  1-14. 緊急頸動脈内膜剥離術
  1-15. 急性期頸部頸動脈血行再建術
(血管形成術/ステント留置術)
  1-16. その他の急性期再開通療法
(経動脈的局所血栓溶解療法を除く)
2. 特殊な病態による脳梗塞の治療
  2-1. 脳動脈解離
  2-2. 大動脈解離
  2-3. 脳静脈・静脈洞閉塞症
3. TIAの急性期治療と脳梗塞発症防止
4. 脳梗塞慢性期
  4-1. 脳梗塞再発予防(抗血小板療法、無症候性脳梗塞を除く)
    (1)高血圧症
    (2)糖尿病
    (3)脂質異常症
    (4)飲酒・喫煙
    (5)メタボリックシンドローム・肥満
    (6)心房細動
    (7)ヘマトクリット高値
    (8)フィブリノゲン高値
    (9)抗リン脂質抗体症候群
    (10)高ホモシステイン血症
    (11)先天性血栓性素因
 

4-2.

再発予防のための抗血小板療法
    (1)非心原性脳梗塞(アテローム血栓性脳梗塞、ラクナ梗塞など)
    (2)心原性脳塞栓症
  4-3. 再発予防のための抗凝固療法
  4-4. 脳代謝改善薬、脳循環改善薬
  4-5. 抗うつ薬
  4-6. 嚥下性肺炎の予防
  4-7. 頸動脈内膜剥離術(CEA:carotid endarterectomy)
  4-8. 頸動脈ステント留置術(CAS:carotid artery stenting)
  4-9. 慢性期経皮的血管形成術/ステント留置術(頸部頸動脈以外)
  4-10. EC-ICバイパス
III. 脳出血
 
概 説
1. 脳出血の予防
2. 高血圧性脳出血の非手術的治療
  2-1. 止血薬の投与
  2-2. 血圧の管理
  2-3. 呼吸の管理
  2-4. 脳浮腫・頭蓋内圧亢進の管理
  2-5. 痙攣の管理
  2-6. 上部消化管出血の管理
  2-7. 低体温療法
  2-8. 深部静脈血栓症および肺塞栓症の予防
3. 慢性期脳出血の管理
  3-1. 高血圧対策
  3-2. 痙攣対策
  3-3. うつ状態に対して
4. 高血圧性脳出血の手術適応
5. 高血圧以外の原因による脳出血の治療
  5-1. 脳動静脈奇形
  5-2. 硬膜動静脈瘻
  5-3. 海綿状血管腫
  5-4. 静脈性血管腫
  5-5. 脳腫瘍に合併した脳出血
  5-6. 抗凝固・抗血小板・血栓溶解療法に伴う脳出血(急性期)
  5-7. 腎不全患者の脳出血
IV. クモ膜下出血
 
概 説
1. クモ膜下出血の発症予防
2. 初期治療
3. 脳動脈瘤治療−治療法の選択
4. 脳動脈瘤治療−外科的治療
  4-1. 外科的治療の時期
  4-2. 外科的治療の種類と方法
  4-3. 外科的治療の周術期管理
5. 脳動脈瘤治療−血管内治療
  5-1. 血管内治療の時期
  5-2. 血管内治療の種類と方法
  5-3. 血管内治療の周術期管理
6. 脳動脈瘤治療−保存的治療法など
  6-1. 保存的治療などの概略
  6-2. 遅発性脳血管攣縮の治療
V. 無症候性脳血管障害
 
概 説
1. 無症候性脳梗塞(大脳白質病変を含む)
  1-1. 無症候性脳梗塞
  1-2. 大脳白質病変
2. 無症候性脳出血
3. 無症候性頸部・脳内血管狭窄・閉塞
  3-1. 無症候性頭蓋内脳動脈狭窄
  3-2. 無症候性頸部頸動脈狭窄・閉塞
4. 無症候性脳動静脈奇形
5. 未破裂脳動脈瘤
  5-1. 未破裂脳動脈瘤の診断とスクリーニング
  5-2. 未破裂脳動脈瘤が発見された場合の初期対応
  5-3. 未破裂脳動脈瘤の治療
VI. その他の脳血管障害
 
概 説
1. 頭蓋内・外動脈解離
  1-1. 頭蓋内・外動脈解離の内科的治療(抗血栓療法)
  1-2. 頭蓋内・外動脈解離の外科治療
2. もやもや病(Willis動脈輪閉塞症)
  2-1. もやもや病(Willis動脈輪閉塞症)の外科治療
  2-2. もやもや病(Willis動脈輪閉塞症)の内科治療
  2-3. もやもや病(Willis動脈輪閉塞症)の出血発症例に対する治療
3. 奇異性脳塞栓症(卵円孔開存を含む)
4. 脳静脈・静脈洞閉塞症
5. 脳アミロイドアンギオパチー
6. その他の脳血管障害
  6-1. 線維筋性形成異常症
  6-2. 大動脈炎症候群
  6-3. 高血圧性脳症
  6-4. 血管性認知症、血管性認知障害
VII. リハビリテーション
 
概 説
1. 脳卒中リハビリテーションの進め方
  1-1. 脳卒中リハビリテーションの流れ
  1-2. 評価
  1-3. 予測
  1-4. 急性期リハビリテーション
  1-5. 病型別リハビリテーションの進め方(特に急性期)
  1-6. 回復期リハビリテーション
  1-7. 維持期リハビリテーション
  1-8. 患者・家族教育
2. 主な障害・問題点に対するリハビリテーション
  2-1. 運動障害・ADLに対するリハビリテーション
  2_2. 歩行障害に対するリハビリテーション
  2-3. 上肢機能障害に対するリハビリテーション
  2-4. 痙縮に対するリハビリテーション
  2-5. 片麻痺側の肩に対するリハビリテーション
  2-6. 中枢性疼痛に対する対応
  2-7. 嚥下障害に対するリハビリテーション
  2-8. 排尿障害に対するリハビリテーション
  2-9. 言語障害に対するリハビリテーション
  2-10. 認知障害に対するリハビリテーション
  2-11. 体力低下に対するリハビリテーション
  2-12. 骨粗鬆症に対する対応
  2-13. うつ状態に対する対応
付 録    
  表1:
表2:
  Japan Coma Scale(JCS)
Glasgow Coma Scale(GCS)
  表3-1:   modified NIH Stroke Scale(NIHSS)(2001)
  表3-2:   旧版NIH Stroke Scale(NIHSS)(1994)
  表4:   Japan Stroke Scale(JSS)(第5版)
  表5:   脳卒中運動機能障害重症度スケール(JSS-M)
  表6:   脳卒中情動障害スケール(JSS-E)
  表7:
表8:
  脳卒中うつスケール(JSS-D)
脳卒中感情障害(うつ・情動障害)スケール同時評価表(JSS-DE)
  表9:
表10:
  日本版modified Rankin Scale(mRS)判定基準書
Stroke Impairment Assessment Set(SIAS)
  表11:
表12:
  Brunnstromの運動検査による回復段階
Barthel Indexおよびその判定基準
索 引